7月 172014
 

田んぼを作る際に重要な事は、土もそうですが、
それより水の流れをしっかり考えて作ることです。
幾ら土壌をしっかりしたものにして、良い土を使っても、
水を供給出来なければ、宝のなんとやらと言えます。
例えば、水の流れを間違えると、蛇口の水漏れの様に別の田んぼないしは、
別の土地へ水が行ってしまいます。
造園では水路の問題は必要ありませんが、ホース長は気にする必要があります。
えっ?そんなこと間違える事があるのか、ですか?
ええ、どんな人間にも間違いはあるんです!
私にだって間違いは…。

7月 102014
 

実家の庭の剪定を知人の造園会社にお願いしたので、
剪定の日に私も見学させてもらうことにしました。
ちょうど知人も近くで営業だったそうで、久しぶりに実家でゆっくり話ができました。
その時剪定してくださった職人さんですが、
どうやらフレッツ光のキャッシュバックのことを知りたかったらしく、
比較的若いw私に質問してきたんです。
どこの会社もそれほど変わらない仕組みかと思ったので、
ipadで説明して差し上げたら納得できたそうで良かったです。

7月 072014
 

どの職業をみても、派遣社員がいる時代です。
一応、派遣業の許可がおりない職業があるのですが、
条件付きで可能だったりして、実質全て大丈夫だと解釈しています。
派遣にして有利なのは、雇用者サイド。
たしかに使えない人間を試しに雇う場合にはいいでしょうが、
使えない人材前提の基準が私には解せません。
ギリギリの企業でなら納得いきますが、
外車、高級時計をしながら派遣をこき使う社長は、経営者としてどうでしょう。
造園の世界にもそういう人が少なからず存在します。
庭だけでなく心も綺麗にして欲しいものです。

7月 022014
 

もっとも初歩的な西洋造園と言ったら、芝生ですよね。
正直芝生の養成なんか簡単なのではないかと、無知な頃は思っておりました。
イメージとしてアメリカのおっちゃんが、休日にのんびり芝を刈るイメージだけで、
なんだか手入れも簡単そうだなと。
しかし、日本の気候にはそんなに合わない気がしています。
夏など熱すぎて結構芝が参ってしまうんですね。
芝刈りも2週に1回位しないといけませんし(結構面倒)。
サボると枯れて見窄らしくなり、そうすると妻が「不動産名義変更して離婚もするわよ!」
とか訳の分からない怒号を見舞って来ますし(笑)
とにかく始める前に、自分に合うか確認ですよ〜!